2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒップホップの新歌姫“AI”力作ニューアルバム


ヒップホップ界の勢いづく歌手・AI(23)が、ニューアルバム「MIC‐A‐HOLIC A.I.」(ユニバーサル)を7月6日に出す。
ヒップホップの新歌姫“AI”昨年出した前作「2004A.I.」は、オリコン・チャート3位に初登場すヒット。
音楽誌MUSIC MAGAZINE誌で音楽評論家による投票で04年度全邦楽アルバムの2位に輝くなどその内容も高く評価された。
前作を遥かに上回るヒップホップの新歌姫として存在感を示す力作だ。
「とにかく前作を超えるものにしようと、一曲一曲を大切に作り、歌う」という意気込みだった、という。

躍動的ではじけるような楽曲が並び、曲によって、スパニッシュ・ギターで情熱的に仕上げるなど、編曲にも凝った。
少し低めの力強いボーカルが加わるが、以前より表現に抑制がきいている。

「ボーカルをうまくコントロールできるようになった。ツアーとかの実戦で鍛えられた」。
それが結実したのが、シングルでも出した「Story」、切なく美しいバラードだ。
「幅広い層に聴いてもらえる曲があってもいいじゃんと思って、バラードだからといって特に構えもしない、歌は歌、ジャンルもないし、いらない、要は私自身が問われているだけ」
7月からクラブを中心に全国を巡演、10月のライブハウス級のツアーでは、自ら選んだダンサーらを配し「こんなショーは久々と言われるものにしたい」と話す。

NEW ALBUM「MIC‐A‐HOLIC A.I.」
“AI”NEW ALBUM「MIC‐A‐HOLIC A.I.」税込 3059円
05年7月6日発売
収録曲
1. If
2. 365 feat. DELI
3. Another Day
4. Once In A Lifetime
5. QUEEN
6. just listen -Interlude-
7. Party
8. Sha La La
9. airport -Interlude-
10. California
11. Summer Breeze
12. Passion
13. Sunshine
14. a poem -Interlude-
15. Story
日本のHIP HOPシーンを引っ張る硬派なイメージと裏腹にその親しみやすく暖かいキャラクター、そしてファッション・リーダーとしての抜群のセンスが同世代の熱く圧倒的な支持を得ている。
「MIC‐A‐HOLIC A.I.」とは、直訳をすると「マイク中毒なAI」=「AIは歌が生きがい! 」という意味が込められている。
音楽に真摯に立ち向かう“マイク中毒なAI”がわずか1年のインターバルで完成させた。

ゴスペルクワイアーで鍛えた本格的な歌唱力。
ロス生まれの完璧なバイリンガル。
英語でラップもできてしまうストリート感覚。
ロスのアートスクールで学んだダンスのセンス。
ソウル、R&B、ヒップホップ、ダンス・・・
エンタテイナー“クイーン・オブ・ヒップ・ホップ・ソウル”


1981年11月2日、ロサンゼルスで生まれ、血液型B型。
父が日本人、母が日本人とイタリア系アメリカ人のハーフ(イタリア系クオーター)。
4歳の時に鹿児島に移り、以後、日本とロスの間を行き来するようになる。
99年にジャネット・ジャクソンの『Go Deep』のPVにダンサーの一員として出演。
00年、マキシシングル「Cry,just Cry」でデビュー。
01年、アルバム「My name is AI」リリース。
02年、平井堅の『Somebody's girl feat. AI』ラップで参加。
03年、Def Jam Japanに移籍「最終宣告」リリース。
    安室奈美恵プロジェクトのSUITE CHICの2ndシングルに参加。
    「Uh Uh…feat.AI」で、安室とのテレ朝『Mステ』共演が話題を呼ぶ。
    安室と『MTV Super Dry Live』出演。
    移籍第一弾アルバム「ORIGINAL A.I.」を発表、
04年、アルバム「2004 A.I.」オリコンアルバムチャート初登場第3位。
活動の場を更にアジアにも広げ、韓国、台湾でのMTVのイベントでも好評を呼ぶ。
全国ツアー「2004 A.I. Japan Tour」を開催、全会場ソールドアウトになる。
05年、2月「365 feat. DELI」、4月「Crayon Beats」、5月「Story」
連続シングルリリース、6日にはニューアルバム「MIC‐A‐HOLIC A.I.」リリース。

ヒップホップの新歌姫“AI”全国クラブ・ツアー「MIC-A-HOLIC A.I. CLUB TOUR '05」
7月17日(日) 長崎 イオス2Fリバウド
  問い合わせ:TEL.0957-28-5311
7月18日(月) 小倉 ラフォーレミュージアム
  問い合わせ:TEL.093-571-7131
7月21日(木) 群馬 club LUV
  問い合わせ:TEL.0270-26-2966
7月23日(土) 札幌 札幌HALL F45
  問い合わせ:TEL.011-261-2761
7月24日(日) 函館 COCOA cafe
  問い合わせ:TEL.011-261-2761
7月29日(金) 岡山 ACTRON
  問い合わせ:TEL.086-255-9119
7月30日(土) 広島 club CHINA TOWN
  問い合わせ:TEL.082-227-1212
7月31日(日) 沖縄 club CIELO
  問い合わせ:TEL.098-861-9955
8月4日(木) 名古屋 DIAMOND HALL
  問い合わせ:TEL.052-805-6202
8月5日(金) 三重-桑名 CENTURION
  問い合わせ:TEL.059-227-5553
8月6日(土) 静岡 清水文化センター
  問い合わせ:TEL.053-451-5503
8月18日(木) 仙台 JUNK BOX
  問い合わせ:TEL.022-716-5155
8月19日(金) 郡山 Hip Shot
  問い合わせ:TEL.024-934-3670
8月20日(土) 姫路 club LEAF
  問い合わせ:TEL.0792-22-2155
8月26日(金) 福岡 DRUM LOGOS
  問い合わせ:TEL.092-726-3633

全国ツアー「MIC-A-HOLIC A.I. JAPAN TOUR '05」
10月7日(金) 大阪 なんばHatch
  問い合わせ:TEL.06-6357-4400
10月9日(日) 名古屋 ZEPP NAGOYA
  問い合わせ:TEL.052-320-9100
10月14日(金) 福岡 ZEPP FUKUOKA
  問い合わせ:TEL.092-771-9009
10月16(日) 鹿児島 鹿児島市民文化ホール第2
  問い合わせ:TEL.099-223-7710
10月19日(水) 仙台 ZEPP SENDAI
  問い合わせ:TEL.022-222-9999
10月21日(金) 札幌 ZEPP SAPPORO
  問い合わせ:TEL.011-614-9999
10月24日(月) 東京 ZEPP TOKYO
  問い合わせ:TEL.03-5720-9999



《主催資料 読売新聞 参考》
スポンサーサイト

インディーズ大注目ユニット“Elephant Girl”全国区に!


アグリッシブなライブ・パフォーマンスで高い人気を得ていながらも05年1月をもって解散してしまった「The Pumpkin Busters」。
「ELEPHANT GIRL」のErina(Vocal)Erina(Vocal)と杉本(Bass)が、新ユニット「ELEPHANT GIRL(エレファントガール)」を結成。
6月11日にリリースされるシングル「夏空音楽」でデビュー。
バンドの魅力は、なんといっても前バンドで培ってきたハイテンションなライブパフォーマンスと、Erinaの女性らしいヴォーカル。
曲作りは主に作曲を杉本、作詞をErinaが行い、最強のサポート陣の力を武器に活動している。
「夏空音楽」も、躍動感あふれるエネルギッシュなロック・サウンドと、繊細で美しいメロディをミックスさせたお得意のスタイルに仕上がっている。
「ELEPHANT GIRL」のErina(Vocal)&杉本(Bass)この曲は、日本テレビ系『三宅裕司のドシロウト』の6月度エンディングテーマとなるなど、今注目を集めている。
その彼らが、デビューシングルを引っさげてライヴハウスツアーを展開している。
東京初ライヴとなった6月24日渋谷DeSeOでは、6月20日付オリコンインディーズシングルチャート初登場8位のデビューシングルを中心に、得意とするアグレッシブなパフォーマンスで他のバンドを圧倒。
彼らのライヴハウスツアーは7月いっぱいまで、今のうちにチェック!!
今後の活躍がさらに楽しみ。

ELEPHANT GIRL「夏空音楽」

 1stマキシシングル「夏空音楽」
  05年6月11日発売
  税込 1260円
  1、夏空音楽
  2、帰り道のメロディ
  3、スローモーション
  4、スターチャート




「ELEPHANT GIRL」ライブ7月“Elephant Girl”ライブハウスツアー出演
  ※ 料金にはドリンク代は含まれていません。
1日(金) 大宮Hearts(埼玉)
  open17:30 start18:00 前売1,500円 当日1,800円
  出演者:Elephant Girl/AJISAI/COLOREAL ZPT/他
  Lコード36800(ローソン)
  問い合わせ:TEL.048-645-0162


5日(火) 下北沢Garage(東京)
  open18:00 start18:30 前売2,000円 当日2,500円
  出演者:Elephant Girl/オールフルーズ/他
  問い合わせ:TEL.03-5454-7277


6日(水) 水戸ライトハウス(茨城)
  open17:00 start17:30 前売1,800円 当日2,300円
  出演者:Elephant Girl/AJISAI/mosso/他
  問い合わせ:TEL.029-224-7622


「ELEPHANT GIRL」ライブ10日(日) 渋谷DeSeO(東京)
  open17:30 start18:00 前売2,000円
  出演者:Elephant Girl/Spunky Strider/わさび/他
  Lコード32446(ローソン)
  問い合わせ:TEL.03-5457-0303


14日(木) 渋谷屋根裏(東京)
  open18:00 start18:30 前売1,700円 当日2,000円
  出演者:Elephant Girl/黒猫カルテ/marsupial/他
  問い合わせ:TEL.03-5457-0303


22日(金) 高崎club FLEEZ(群馬)
  open18:00 start18:30 前売1,700円
  出演者:Elephant Girl/ロクセンチ/他
  Lコード31975(ローソン)
  問い合わせ:TEL.027-345-7511


26日(火) 心斎橋FAN J(大阪)
  open18:00 start18:30 前売1,575円 当日1,890円
  出演者:Elephant Girl/en/Free & Easy/他
  Pコード203-570(ぴあ) Lコード56601(ローソン)
  問い合わせ:TEL.06-6120-6801


27日(水) 神戸Art House(神戸)
  open17:30 start18:00 前売1,500円 当日1,800円
  出演者:Elephant Girl/Hippogriff/TRICOLOR/他
  問い合わせ:TEL.078-334-1348


28日(木) 京都Mojo(京都)
  open17:30 start18:00 前売1,500円 当日2,000円
  出演者:Elephant Girl/ザ☆ボン/CHIMERA CLAP☆/他
  問い合わせ:TEL.075-254-7707


29日(金) 大須ell.FITS.ALL(名古屋)
  open18:30 start19:00 前売2,000円
  出演者:Elephant Girl/samurai headman's music/他
  Pコード202-925(ぴあ)
  問い合わせ:TEL.052-221-3123



《主催資料 オリコン 参考》

宮古島のサンゴ礁を守れ“bird”チャリティーライブ熱唱!


女性シンガー、bird(29)が25日、宮古島の世界有数の美しい珊瑚礁が近年大量発生したオニヒトデに食いつぶされていると今年1月に聞き「すごいビックリした。そんなヤツがおるんかと。何かできることは」と立ち上がった。
birdライブ熱唱沖縄・宮古島の前浜ビーチでチャリティーライブを行い、歌声で環境保全を訴えた。
このライブは「サンセット・フリーライブin宮古島」(主催・エフエムみやこなど)と題して同島の全面バックアップのもと無料で開催。
ステージ後方の海はこの1年間で、サンゴ礁のなんと7割が異常発生したオニヒトデに食い荒らされたといい「昨年潜って見た綺麗なサンゴが守れるのなら」と会場にオニヒトデ退治のための募金箱を設置。
集まった募金は全額同島の活動資金に寄付される。

5年ほど前からダイビングを始め、沖縄の海は何度も訪れているbird。
昨年7月シングル「ハイビスカス」の発売を記念して、同島のハイビスカス条例推進のため慈善フリーライブを開催。
以来宮古島の虜になり「今年も歌で何かお手伝いを」と、この日のライブを実現させた。
ライブは、島の内外から集まった約5000人のファンに「ハイビスカス」や、8月24日発売の沖縄の子守唄をカバーした新曲「童神」など8曲を熱唱。
Birdと大山百合香同じレコード会社所属の後輩で鹿児島・沖永良部島出身の歌手・大山百合香(21)も参加。
新曲「ブーゲンビリア」(8月10日発売)など4曲を熱唱して「島育ちだから、海と空が近いところで歌えてうれしい」と、会場を盛り上げた。
birdは「自分の中では宮古島は特別なものになってきています。昨年ライブをやって形になり、今年は前回より規模も大きくなっている。毎年つながっていけば」と同島への愛着を語り、下手をすれば命を落とす危険なオニヒトデ退治についても「来年もいたら自ら刺します」と笑いながら、サンゴ礁保護への協力を力強く約束した。
〔写真上:右上 熱唱するbird、左下 birdと大山百合香〕

◆ プロフィール
birdbird
生年月日:1975年12月9日、
出身地:京都府
大阪のジャズ・クラブで歌っているところを大沢伸一に見初められ、主宰するレーベルの第一弾アーティストとして、
99年にシングル「SOULS」でデビュー。
同年7月に発売したアルバム「bird」は70万枚を売り上げ、
日本ゴールド・ディスク新人賞に輝いた。
アーティスト名は、大沢が初めて彼女を見た印象が
「歌の上手い小鳥みたいな小さい子」ということと、
鳥の巣のようなヘアスタイルをしていることから。
これまでにアルバム5枚、シングル18枚をリリース。
全国ツアーも精力的に行う実力派R&B歌手。
歌と渾然一体となって耳に心地よく響き、
普段着感覚的にリスナーをリラックスさせていく。
歌詞と歌声を武器に、あらゆるジャンルの壁を飛び越え活躍。
05年7月24日(日)に日比谷野外大音楽堂でのライブ
『酉年 2005! bird summer live』も控えている。
全国JFN系列20局ネットのレギュラー・ラジオ番組も好評。

所属:ソニー・ミュージックエンタテインメント

大山 百合香大山 百合香(おおやま ゆりか)
生年月日:1984年5月20日
出身地:鹿児島県・沖永良部島
百合やフリージアで知られる花の島、奄美群島・沖永良部島に、
ピアノ教師の母親という家庭環境で、ピアノに親しみ育つ。
中学を卒業すると、鹿児島市の神村学園音楽科へ進学。
ヴォーカルで何かを表現したいと言う欲求は更に強くなり、
東京ミュージック&メディアアーツ尚美のヴォーカル学科で学ぶ。
今春、同校を卒業、4月27日シングル「海の青 空の青」でデビュー。
05.5.21~ TBS系「世界不思議発見」エンデイングテーマ曲。

所属:ソニー・ミュージックエンタテインメント


《主催資料 各スポーツ紙 参考》

デビュー15年活動休止“BEGIN”今後は個人活動専念


デビュー15周年、3人組バンド「BEGIN」がライブ活動を休止することになった。
所属レコード会社などによると、個人のレベルを高めていこうと充電期間をもうけることを決意。
BEGIN「うたの日コンサート」ボーカルの比嘉栄昇(36)は曲作りのスタイルを見つめなおす時間を作るため。
ギターの島袋優(36)は楽曲提供やプロデュース業に専念。
キーボードの上地等(37)はソロライブを行うなど、三者三様の活動を行うためで、彼らにとって今年のラストライブとなる。
25日に沖縄県宜野湾市の海浜公園屋外劇場で行った恒例の「うたの日コンサート」を“最後”に、3人によるステージをしばらく休止することになった。

南の島に、癒しの歌声が響きわたった。
BEGIN「うたの日コンサート」BEGINが奏でる音色と、ハワイアンという“島唄”をムードたっぷりに歌うレイシェルの夢競演が沖縄で実現した。
「うたの日コンサート」は、太平洋戦争の沖縄地上戦が終わった6月23日前後に開催、今年で5回目。戦争中は歌い踊ることが禁止されており「うたが開放されたことの喜びを祝おう」とBEGINが呼びかけてきた。
今年のテーマは「島唄の交換会」、まずBEGINが「憧れのハワイ航路」など3曲を熱唱。
ボーカルの比嘉栄昇は「戦後60年ということは、うたの日も60周年、今日は皆で楽しみ、祝いましょう」とあいさつ。
沖縄はまだ梅雨明けしておらず、開始直前に豪雨が襲ったが、「ハワイで雨は歓迎の意味」というマウイ島生まれのレイシェルはご機嫌。
BEGIN「うたの日コンサート」フラダンサーが登場するなど8曲を歌い、ステージをハワイ色に染めた。
昨年、「涙そうそう」をカバーし、ハワイ最大級の音楽祭「ナ・ホク・アワード」のソング・オブ・ザ・イヤーを獲得した「カ・ノホナ・ピリ・カイ」を熱唱すると、会場は大歓声に包まれた。
その後、BEGINが再登場し「島人ぬ宝」「恋しくて」など14曲を熱唱。
約3500人の観客は日米アーティストの島唄競演のなか、好きなように歌い、踊り、楽しみ、最後まで大きな拍手を続けていた。
アンコールではレイシェルらと「涙そうそう」を披露、会場は総立ちで大合唱となった。
7月6日に15周年記念ライブDVDボックス「Wonderful Tonight」を発売する。


《各スポーツ紙 参考》

安室奈美恵「Queen of Hip-Pop」を引っさげ全国ツアー!


7月13日に待望のニューアルバム「Queen of Hip-Pop」をリリースする安室奈美恵。
安室奈美恵 全国ツアー5月29日に東京ベイNKホールで行われた『MTV Video Music Awards Japan2005』で「最優秀R&Bビデオ賞」「アジア最優秀パフォーミング・アーティスト賞」の2冠獲得!
第1回から4年連続の受賞は、安室ただ1人。
「Queen of Hip-Pop」を引っさげて、『namie amuro tour 2005』全国ツアーが行われる事が決定した。
9月1日市原市市民会館を皮切りに、12月22日仙台サンプラザホールまで全29公演、約4ヶ月のロングツアーが行われる。
チケットの一般発売は、8月上旬より順次発売をスタート。
現在、安室奈美恵のファンクラブでは、このプレミアムチケットを優先予約ができる。
今年も安室奈美恵の熱いステージが期待できる。

安室奈美恵 ニューアルバム「Queen of Hip-Pop」






アルバム「Queen of Hip-Pop」
05年7月13日発売
3059円(税込)
収録曲(予定)
1、Queen of Hip-Pop
2、Want Me, Want Me
3、WoWa
4、I Wanna Show You My Love
5、Girl Talk
6、Free
7、My Darling
8、Ups & Downs duet with Nao'ymt
9、I Love You
10、All For You
11、Alarm
12、No

エイベックス・トラックス

『namie amuro tour 2005』日程
安室奈美恵 全国ツアー9月1日(木) 市原市市民会館
9月3日(土) 広島厚生年金会館
9月4日(日) 倉敷市民会館
9月10日(土) 神奈川県立県民ホール
9月11日(日) アクトシティ浜松
9月18日(日) さいたま市文化センター
9月23日(金) 松山市民会館
9月24日(土) 高知県民文化ホール
9月28日(水) 府中の森芸術劇場どりーむホール
10月8日(土) 宮崎市民文化ホール
10月10日(月) 鹿児島市民文化ホール
10月14日(金) 熊本市民会館
10月15日(土) 長崎ブリックホール
10月22日(土) 長野県松本文化会館
10月29日(土) 静岡市民文化会館
10月30日(日) 大宮ソニックシティ大ホール
11月4日(金) 群馬県民会館
11月6日(日) 金沢市観光会館
11月11日(金) 新潟県民会館
11月17日(木) 神戸国際会館こくさいホール
11月18日(金) 福岡サンパレス
11月22日(火) 大阪国際会議場 グランキューブ大阪
11月23日(水) 大阪国際会議場 グランキューブ大阪
11月26日(土) 富山オーバード・ホール
12月9日(金) 北海道厚生年金会館
12月11日(日) 旭川市民文化会館
12月17日(土) 名古屋センチュリーホール
12月18日(日) 名古屋センチュリーホール
12月22日(木) 仙台サンプラザホール
※ 全席指定 6800円(税込)


安室奈美恵


■ 安室 奈美恵(あむろ なみえ)
生年月日:1977年9月20日
星座:おとめ座
出身地:沖縄県
血液型:O型
身長:158センチ
体重:40キロ

92年 スーパーモンキーズとしてシングル「恋のキュート・ビート」でデビュー。
95年に安室奈美恵withスーパーモンキーズ「TRY ME~私を信じて~」大ブレイク。
沖縄出身アーティストがJポップ・シーンを席捲する大きな起爆剤となる。
95年7月からはソロとして活動を開始。
同年 東芝EMIからエイベックストラックスに移籍。
90年代、小室哲哉プロデュース第一弾シングル「Body Feels EXIT」リリース。
BPMのユーロ・ビート風ナンバーが、ダンスと共に、熱狂的に支持される。
96年12月 ソロ最年少で日本レコード大賞を受賞。
97年8月 10代の歌手初の「シングル/アルバム総売上げ2000万枚突破」を達成。
出産による1年間の休業後に復活。
その後、ソウル、R&Bから、HIP HOP、バラードにも果敢に挑戦している。


安室奈美恵:オフィシャルサイト


《主催資料 オリコン 参考》

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

APPENDIX

フジネット芸能

フジネット芸能

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。