2005-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツアーも写真集も“大胆 朋ちゃん”ドッキリ発言!


歌手10周年を迎えた華原朋美(30)が29日、新曲「涙の続き」発売記念ミニライブを都内で開き“大胆写真集”発売に意欲を語った。
華原朋美華原は、6月29日発売のアルバム「naked」のジャケットで初のセミヌードを披露。
「やりたかった。新聞に出て皆に見てもらえた」と笑顔。



華原朋美これまで写真集は未経験で「オファーが来るのでは?」と言われると、「ぜひお願いします。悲しませるものではなく、皆がうれしくなるような写真集にしたい」とアピールし“セミヌード越え”を示唆した。
また同曲は小室哲哉との失恋をイメージさせる内容で「彼を越える恋愛は考えられません。今でも好きです。でも今振り返ると、悲しいじゃなく、クスクスって笑う気持ちになった。今恋愛には興味はないです」と話していた。

華原朋美


6月3日に東京・八王子市民会館からスタートするコンサートツアーは「グッズとか自分でデザインしていて、すごくかわいい。売り切れを目指してます」。
7月13日の福岡・宗像ユリックスイベントホールまで5都市公演。
8月14日からはミュージカル「赤毛のアン」にも主演する。
10周年記念ツアーは「nakedを意識した裸に近い衣装を用意してます」と大胆発言も。


《サンケイスポーツ 参考》
スポンサーサイト

安室2冠 4年連続受賞 「アジアの人に喜ばれる曲を」


音楽専門チャンネル「MTVジャパン」が主催する国際的音楽祭「MTVビデオ・ミュージック・アワード・ジャパン2005」が29日、千葉・浦安市の東京ベイNKホールで開催され、歌手の安室奈美恵(27)が「最優秀R&Bビデオ賞」「アジア最優秀パフォーミング・アーティスト賞」の2冠を獲得。
第1回から4年連続での受賞はただ1人で、Jポップの第一人者を印象づけた。
安室奈美恵また「最優秀ビデオ賞」は、オレンジレンジが受賞した。
アジアの歌姫に、また一つ新たな勲章が加わった。
文字通りアジアを代表するアーティストへ贈られるアジア最優秀パフォーミング・アーティスト賞を獲得した。
今年2月には、タイ・バンコクで行われたMTVのスマトラ島沖地震チャリティーイベント「アジアAID」にも出席。
アリシア・キーズらとともにステージ上で歌声を披露しており、さらにイベントとは別に個人的に1000万円を義援金として贈るなど、歌手としてだけでなく、チャリティー活動が認められての受賞。
安室奈美恵さらには「GIRL TALK」で最優秀R&Bビデオ賞も獲得した。
年間でもっとも優秀なミュージックビデオに贈られる今回の祭典。
日本ではまだ4回目と歴史は浅いが、米国をはじめ世界各国で開催されており、特に米国ではグラミー賞と肩を並べるほどの名誉と注目度を誇り、その祭典で2冠を達成した。
授賞式の前に行われたレッドカーペットでも、茶色のレザードレスで姿を見せた安室は「毎年楽しみにしているアワードです。今回も思いっきり楽しみたいです」と話していたように、今回の祭典にも特別な感情で臨み、授賞式では受賞の喜びを爆発させるべくステージでは「GIRL TALK」を絶叫し7500人の観客の前で熱唱した。
02年の第1回では国内インスピレーション賞を獲得。
第2回では「SUITE CHIC」として最優秀コラボレーション賞、第3回では最優秀R&Bビデオ賞、最優秀buzz ASIA賞の2部門で受賞しており、第1回からはただ1人、4年連続受賞者となった。
受賞の勢いそのままに7月13日には、約1年半ぶりとなるアルバム「Queen of Hip‐Pop」を発売。
5年連続の受賞に向けて、アジアの歌姫がまた一歩一歩進みはじめる。

オレンジレンジ◆ オレンジレンジは3冠!
昨年発売したシングル、アルバムのすべてがオリコンチャートで1位を獲得した6人組ユニット「オレンジレンジ」は、最多受賞となる3部門での受賞を果たした。
大ヒット映画「いま、会いにゆきます」の主題歌で、ミリオンセールスを記録したシングル「花」で最優秀ビデオ賞。
ダブルミリオンセールスのアルバム「MUSIQ」では、ビデオではなく作品に贈られる最優秀アルバム賞を獲得。
シングル「ロコローション」でも最優秀buzz ASIA賞を受賞した。
授賞式では「ラヴパレード」「恋するお願いセニョリータ」の2曲を熱唱。
満員に埋まった会場で歌声をを響かせてあふれる喜びを表現した。
昨年の同祭典でも最優秀新人アーティストビデオ賞を獲得しており、2年連続の受賞で、今年に入ってからは日本ゴールドディスク大賞のアーティスト・オブ・ザ・イヤー邦楽部門に続くビッグタイトル。
昨年1年間の飛び抜けた活躍を象徴しており、名実ともに日本を代表するトップアーティストに君臨した。
マライア・キャリー
◆ マライア気分はピンク色
28日に緊急来日した米歌手マライア・キャリー(35)は、インターナショナル・ビデオ・アイコン賞を獲得。
マライア・キャリーレッドカーペットでは背中がパックリあいたドレス、ステージでは大きくスリットが入ったドレスで「We Belong Together」を歌い観客を魅了。
「16回目の来日で、すごく意味のある賞をいただいて光栄です」と笑顔を振りまいたが、レッドカーペットでは予定より1時間以上遅れ、ステージ後の会見にも30分以上遅れ、会見上にはマライア専用のスポットライトも登場させるなど、超VIP待遇を見せつけた。

◆ 最優秀アーティスト賞に平井堅
歌手の平井堅(33)は、大ヒット曲「瞳をとじて」で最優秀男性アーティストビデオ賞を受賞。
02年にも受賞しており、3年ぶり2度目。
また、映画「世界の中心で、愛をさけぶ」の主題歌としても、オレンジレンジの「花」、故レイ・チャールズの「What'd I Say」らビッグネームを抑えて最優秀映画ビデオ賞を獲得し、2冠を達成。
会場には姿を見せなかったが、本人の今月上旬からスタートした全国ツアー初日に、今回の祭典のために収録された「センチメンタル」の歌唱シーンが映像で流された。


《スポーツ報知 参考》

一青窈 うまく歌うより発信する気持ち


歌手、一青窈(28)が1年2カ月ぶりに新曲「影踏み」をリリース、アーティストとして新しい一歩を踏み出した。
人間の情念と時の移ろいをどこか懐かしい、一枚の絵画のような独特の世界で歌ってきた一青。
一時は「すべてを出し切ってしまった気になった」と葛藤も経験したが、トンネルをくぐり抜け、今は伸び伸びと“自由”を楽しんでいるように見える。
新しい旋律を紡ぎ始めた一青は、逞しくなった。

一青窈昨年2月に「ハナミズキ」を発売以来、新曲の発表がしばらくなかった。
デビュー曲「もらい泣き」もそうだが、日常の出来事を擬態語を折り混ぜた大胆な言葉遣いで綴りつつも、大陸的で流麗な調べを併せ持つその独特の世界は、音楽業界に衝撃を与えた。
それだけに、次回作への期待は高まるばかりだったが、1年2カ月の時が流れてしまった。
その理由をたずねると、意外な答えが返ってきた。
「もう自分のすべてを出し切ってしまった気になっていました。28年間の思い出のすべてを削りきったように感じ、歌い方ひとつにしても、ずいぶん悩んだ」
壁にぶつかったことで自分の奥底に眠る心と真摯な対話を重ねた。
そして、ひとつの事実に気がついた。
「無意識のうちに“一青窈の世界”を狭くして、こういうメロディーじゃなきゃ一青っぽくない、とか、こんな歌詞じゃないと一青らしくない、とか思って『やっぱりちがう、やっぱりちがう』、みたいなヘンな縛りをこれまでは自分に設けて、その鋳型をハズしても一青窈でいられることが、この先ずっと歌い続けていけることなんだと気づきました」
葛藤から抜け出すきっかけを作ったのは、尊敬するシンガー・ソングライター、井上陽水(56)だった。
「陽水さんとお仕事をして以来、自分の歌詞の難解さをなんとかしたいと…。陽水さんの歌詞は、難解と言われますけど、すごくシンプル、それと同じように、私も“一青語”を使わずに、どれだけポップなものを書けるか、ずっと課題としてあって、かなり苦心しました」
聡明さを物語る大きな瞳、飾らない笑顔。
インタビューの途中、学生時代の思い出話になった。
アカペラサークルに所属していた彼女はある時、聴覚障害を持つ人々十数人を招いてコンサートを開催した。
観客には大きく膨らませたコンドームを胸に抱いてもらい、声の響きを空気振動で伝え、体感してもらったという。
「うまく歌おうとしても心に伝わらない、発信する気持ちが大切だと肌で感じ、観客の皆さんは涙を流して喜んでくれた。自分の歌はこうあるべきだと発見しました」
子供の頃から歌で生きていこうとずっと思っていた。
だから大学を卒業する際、就職する気持ちはまったくなかったという。
一青にとって歌とは生き抜くこと、と同義のような気がする。
それだけに歌で苦しむのは、さぞやつらかったろう。
ただ先月20日に発売し好調な新曲「影踏み」(作詞 一青窈、作曲 都志見隆)は、結果的に新しい一青窈を見せるのに成功している。
幼少の頃に感じた母の優しい面影、ひとりで歩んできた寂しい道程も、振り返れば散歩道のようだったのかもしれない、そして今自分には信じられる人がいる…。
すっきりとした言葉と素直なメロディーに、吹っ切れた自分と新たな出発の決意がにじむ。
青い夏空に向かって大きく背伸びする一青の笑顔が見えた気がした。

一青窈★ 競馬をイメージして書いた「影踏み」
新曲「影踏み」は前作「ハナミズキ」に続き、JRA2005年イメージソングとしてCMでもおなじみ。
歌詞はJRA(日本中央競馬会)からの依頼を受け競馬をイメージして書いた。
「馬の気持ちはものすごく考えました(キャッチコピーの)『人が馬を愛すように、馬も人を愛している。』というフレーズがすごく気になっていて」。
そして具体的な光景が浮かんできた「真っ青な空とグリーンの芝生、負けたときに馬券を紙吹雪のように散らすところは人生に似ているなぁと思いました。振り返ればきれいに散ったな、というような、花が咲くような映像ですね」。
家族や友達への親密な愛情を歌に託してきただけに、馬に対しても愛情たっぷり。
ただ、本人は一度も馬券を買ったことがなく競馬場を訪れるのもこの日が初めてだった。
「宝くじもパチンコも占いもしないですね、マテリアルガールというか、現実主義なんですよ(笑)」。

一青窈★ 一青 窈(ひとと よう)
 本名同じ、1976年9月20日。
 身長1メートル55、血液型O。
 台湾出身(台湾人の父と日本人の母)
 一青は母方の日本姓。
 父を小学生、母を高校生のとき亡くす。
 北京語、英語、日本語で詞を書く。
 慶応大学在学中、アカペラサークルに所属、
 福祉施設で歌っていたところをスカウトされた。
 平成14年10月に「もらい泣き」でデビュー。
 昨年9月に映画「珈琲時光」(侯孝賢監督)初主演。


《サンケイスポーツ デイリースポーツ 参考》

石川梨華「美勇伝」全国ファーストツアー


モーニング娘。を卒業したばかりの「チャーミー」こと石川梨華(20)がリーダーを務めるユニット・美勇伝(びゆうでん)が28日、東京・新宿区の東京厚生年金会館で「美勇伝ファーストコンサートツアー2005春~美勇伝説~」をスタートさせた。
美勇伝石川は「昨日の夜からドキドキでした」と胸の内を告白。しかし表情は“主役”で臨むコンサートの喜びに満ちていた。
昨年の9月23日にすでにCDデビューを果たしていた美勇伝にとってはまさに待望の一夜。

石川が今月7日にモー娘。を卒業してからこの日のために練習を積んできた。
石川梨華石川は「昨日の夜からドキドキでした。1度しか訪れないこの日のために頑張ります」と興奮を隠しきれない様子。
メンバーの三好絵梨香(20)は「楽しみにしていました」、岡田唯(17)も「ステージで120%を出します」と気合が入りまくりだった。
ハロー!プロジェクトやモー娘。のコンサートではすでにステージを経験しているが、美勇伝がメーンとなるのは初めて。
モー娘、卒業以降美勇伝に集中してきた石川は「今まで取れなかったようなコミュニケーションも取れたし、アドバイスできることはしました。チームワークは良いです」と自信も見せていた。
コンサートはハロプロのメンバー稲葉貴子、カントリー娘。も参加、公演はデビュー曲「恋のヌケガラ」でド派手に幕を開けると、25日に発売した新曲「紫陽花アイ愛物語」と畳み掛けた。
3曲目の「BABY!恋にKNOCK OUT!」では、和テイストのミニスカ衣装を脱ぎ捨て、セクシーヘソ出しルックで2000人を挑発。
一糸乱れぬ息の合った熱唱ステージで、約2時間、20曲をあっという間に駆け抜けた。
石川は同期生でモー娘。のリーダー、吉澤ひとみ(20)に、「リーダーとしての自分の課題を相談に乗ってもらっています」という。
「モーニング娘。の石川よりも、さらにいいねと言われるように走り続けたい」。
ひと皮向けたチャーミーが、モー娘。超えをめざしてスタートを切った。
美勇伝美勇伝は全国ツアーと並行して、新曲「紫陽花アイ愛物語」の発売記念握手会ツアーも行う。
シングルCDに握手会参加券が封入されている。
また、美勇伝やモーニング娘。が所属するハロー!プロジェクトの恒例夏ツアーも決定。
3都市8公演で8万人を動員する。


《サンケイスポーツ デイリースポーツ 参考》

“Fカップグラドル”佐藤寛子CDデビュー


新人グラビアアイドルのDVDレーベル「ガールズレコード」が25日、レーベル立ち上げ一周年を記念して、グラビアアイドル佐藤寛子(20)のCDとDVDとの2枚組「Can't Hide」を発売した。
この日、ほしのあき、磯山さやかと“グラドル”3人が出席して東京都渋谷区の「Bunkamura スタジオ」で記者会見が開かれた。
佐藤寛子CD「Can't Hide」記者会見で、佐藤が「まさか自分がCDを発売するとは思わなかった。今日CDショップに自分のCDが並んでいるのを見て実感しました」と嬉しそうに話した。
ほしのは「みんなと一緒に盛り上がって歌える曲を歌いたい」。
磯山は「うれしいけど不安……」と言いながら、「みんなを元気にする歌を歌いたい」と意気込みを語った。
同レーベルでは、佐藤に続き“Fカップトリオ”9月に、ほしの、11月に、磯山のCDとDVDをリリース予定で、年間3~4タイトルのグラドルのCDとDVDを発売。
写真集やライブイベント、新人発掘などを展開し「グラドルの登竜門にしたい」としている。
Fカップトリオ記者会見
[写真:左から ほしのあき 佐藤寛子 磯山さやか]

佐藤寛子写真集「DIOSA(ディオッサ)」  佐藤寛子「DIOSA」
[写真:佐藤寛子写真集「DIOSA」]


佐藤寛子佐藤寛子が、写真集「DIOSA(ディオッサ)」(ワニブックス)で「今までにない」セクシーポーズ披露。
20歳になって初めての写真集で、スペインのバルセロナで撮影。
セクシーな衣装、ポーズのショットが満載で「特に、古い教会で白い長じゅばんを着たカットは必見」とアピールしている。
1985年2月17日生まれ、
神奈川県出身 O型
CM、武富士、セキスイハイムに出演

オフィシャルブログ 佐藤寛子のひとりゴト


《毎日新聞 参考》

グアムでキラメキ16歳 松山まみ&中村静香


“まみたん”の愛称がピッタリの清純派美少女グラドル、松山まみ(16)とバーチャルデート!
松山まみ発売中のDVD「デートしようよ」(ポニーキャニオン 3990円)は、初めての海外ロケとなったグアムが舞台。
陸上部で鍛えた健康派美少女。1年半ぶり2作目となったDVDは、強い日差しの中で弾ける健康美を披露した。
水着姿でのビーチフラッグ、ホットパンツ姿でローラースケート。
松山まみ「元気いっぱいで、はつらつとしたところをみてほしい」と笑顔で話す。

彼女とデートしたらこんなシチュエーションと、思わず想像しちゃう。
身長160センチ、B80 W58 H83、ギュッと抱きしめたくなるボディー披露している。
“天然素材”の成長ぶりから目が離せそうにない。
映画「四日間の奇蹟」(6月4日公開)ではヒロイン役・石田ゆり子の高校時代役で出演する。
1988年12月19日生まれ、青森県出身、A型
松山まみ  松山まみ
  [写真:松山まみ]

中村静香アイドルグループ「美少女クラブ31」から生まれたグラビアユニット「ティーンエイジクラブ」の中村静香(16)が初写真集「WATER COLOR」(近代映画社刊 2940円)を31日に発売する。
中村静香初めての海外となったグアムの海で水着グラビアに挑戦。
身長163センチ、B85 W60 H86の健康優良ボディーを披露しているが「大人でもない、子供でもない16歳の今の私がぎっしり詰まった写真集になったと思います」とPR。

6月4日に東京・神田神保町の書泉ブックマートで握手会を開催。
1988年9月9日生まれ、京都府出身、O型
中村静香  中村静香
  [写真:中村静香]

「美少女クラブ31」からは、原幹恵(17)が6月10日、依知川絵美(17)が6月28日にソロ写真集を発売する。


《スポーツ報知 夕刊フジ 参考》

「27歳の夏休み」雑誌&WEB融合、結末はテレビで木村佳乃&瀬戸朝香


TBSで6月30日に放送されるスペシャルドラマ「27歳の夏休み」(後9:00)の制作発表会見が25日、都内で行われた。
27歳の夏休み複数のメディアが参加しての企画は10周年の「爽健美茶」(日本コカ・コーラ)が中心となった「Beautiful Story」としてスタートしたもので、小説は「CREA」「FRaU」の3~5月号で連載された。
「CREA」には出版社で働く27歳の高瀬英子の物語、「FRaU」にはファミレスで働く英子の友人・住田莉沙の物語が描かれた。
2つの物語は絡み合っているが、それぞれの女性の視点で全く違う話として書かれている。
2つの小説は、その後インターネット「Yahoo!」のサイトで同時掲載。
そして、物語の結末はテレビドラマでというのが一連の企画の大きな目玉、同時進行してきた2人の女性の物語が初めてリンクし、雑誌連載やWEB連載では描かれなかった最終的な決着がTBSでドラマ化される。
出版社やYahoo!、TBSが「融合」を一足早く実現させた。
TBSの編成担当・三城真一氏は「雑誌やネットで小説を読んだ人には映像化を楽しんでもらい、読んでない人でもストーリーが分かるドラマにしたい」と説明。
ドラマの前半では、これまでの小説部分を映像化し、後半でドラマのみの結末が描かれる。

◆ 「27歳の夏休み」(小説タイトル あしたまでの距離)
主人公を演じるのは木村佳乃(29)と瀬戸朝香(28)。
木村佳乃出版社勤務の27歳、高瀬英子(木村)は男性週刊誌の風俗情報やグラビアの記事を担当、夢とは違う仕事に疲れ果てている。
一方、英子の同級生の住田莉沙(瀬戸)は、ファミレスの店長、カフェを開きたいという夢も実現できず恋愛でも年下のフリーター(内田)との関係に不安を感じている。
そんな2人の前に現れたのが、高校時代のあこがれの男性・秋史(谷原)。
瀬戸朝香共通の友人で専業主婦の“勝ち犬”のまどか(辺見)も巻き込み、英子と莉沙のアプローチ合戦が展開する。
英子役の木村は「女性は必見、特に私の層の世代の女性に見てほしい」とアピール。
一方、莉沙役の瀬戸は「同世代はもちろん、幅広く見てほしい」と話している。
ほかに、2人が恋する男性を谷原章介(32)、莉沙の年下の恋人を内田朝陽(22)、共通の友人を辺見えみり(28)が演じる。

「27歳の夏休み」の主題歌に、歌手・森山直太朗(29)の幻のデビュー曲「高校3年生」が使用される。
森山直太朗20歳の時につくった曲で、自主制作盤に収録されているが、メジャーでは発売されていない、ドラマで事実上の“お披露目”となる。
直太朗は小学校からサッカーに熱中し、本気でJリーガーを目指していたが、「自分の実力では、プロは難しい」プロサッカー選手になる夢をあきらめ、将来を模索していた時期だった。
将来を考えながら、暇つぶしでギターを触るようになった。
そして、母の歌手森山良子(57)に歌ってほしいと、初めてつくったのが「高校3年生」。
高校生の淡い片思いの心境を歌った。
直太朗から曲を聴かされた森山は「この曲は素晴らしいから、あなた自身が歌うべき」と説得。
直太朗がシンガー・ソングライターの道に進む大きなきっかけとなった。
自主製作のアルバムに収録されているが、メジャーデビュー後はCD化されていない。
NHK「みんなのうた」で流されたこともあり、熱烈のファンの間では知られていた。
同曲は、6月15日発売のベスト盤「森山直太朗 傑作撰2001~2005」にメジャーCDとして初めて収録される。


《スポーツニッポン 日刊スポーツ 参考》

長瀬智也&酒井美紀「白線流し」シリーズ完結


TOKIOの長瀬智也が主演したフジテレビ系シリーズドラマ「白線流し」が、前作から2年ぶりとなるスペシャル第5弾「白線流し~夢見る頃を過ぎても」(今秋放送予定)で完結することになり、このほどクランクアップした。
東京と信州・松本を舞台に松本北高校を卒業した主人公・渉(長瀬)やヒロイン・園子(酒井美紀)ら7人の若者の姿を追った青春群像劇。
平成8年1月から3月まで連続ドラマで放送され、その後4回のスペシャルが制作された。
同局の本間欧彦プロデューサーは「高校卒業からの7人を21世紀をまたいで10年は追いたいと最初のシリーズ制作時に決めた。その『とき』が来た」と説明。
10年を一区切りと考えていたようだ。
一方、主演の長瀬は当時16歳で連ドラ初主演を務め、思い入れはひとしお。
今回は3月上旬にクランクインし、松本ロケなどを中心に収録。
このほど松本駅ホームのシーンで撮了した。
長瀬智也渉を10年演じてきたことについて長瀬は「その時その時の渉を精いっぱい演じてこれて、嬉しさと達成感を感じていると同時に、あの頃にはもう戻れないと思うと寂しさもあります」。
シリーズ終了については「演じることとは何かを初めて真剣に考えた作品。いつかまた機会があったらぜひやりたい」と“復活”を願っていた。

酒井美紀今回は飛騨高山で暮らしている渉(長瀬)と、松本で高校教師をしている園子(酒井)が、天文台の閉鎖問題をきっかけに再び出会うところからスタートする。
5人の仲間(京野ことみ、柏原崇、馬渕英里何、中村竜、遊井亮子)たちに加え、原沙知絵、永井大らがゲスト出演する。
それぞれの人生の分岐点にどのように向かっていくかを描く。


《サンケイスポーツ スポーツ報知 参考》

夏川純「私を見て元気になって!」ビキニで弾ける


グラビアアイドル、夏川純(21)が写真集「crea」(ワニマガジン社 税込2940円)を発売。
夏川純沖縄で撮影、ソーキそばを毎日食べて撮影に臨んだという夏川。
身長1メートル60、B85 W59 H85のナイスボディーをビキニ姿で弾けさせたショットなどが満載。
夏川は「今までにない髪形に挑戦したり、衣装選びにもこだわったりと、とても見ごたえのある作品になっています。皆さん、私の写真集を見て元気になってください」と話している。
夏川純


《サンケイスポーツ 参考》

福田沙紀デビュー曲“NO.1”熱唱!


美少女クラブ31のメンバーでアイドル 福田沙紀(14)がソロデビューイベントを東京 文京区の東京ドームシティで開いた。
福田沙紀デビューイベントテレビ朝日系「アタックNO.1」(木曜後9:00)の主題歌でデビュー曲「アタックNO.1 2005」(18日発売)をダンスも交えながらファン1500人に初披露。
ソロ初ライブに「皆来てくれるかなとか、ちゃんと歌えるかなとか心配して眠れなかった」というが「たくさんの人が来てくれてうれしい、今までで一番楽しく、ずっと笑顔で歌えました」と話した。
今後は女優と歌手活動の両方に力を入れ「紅白出場? 無理ですよ、でももし奇跡が起きれば」とミラクルに“アタック”することを誓った。

福田沙紀
福田沙紀(ふくださき)
1990年9月19日生まれ、熊本県出身
身長:155cm 血液型:O型
04年8月 第10回全日本国民的美少女コンテスト 演技部門賞受賞
04年10月 美少女クラブ31 加入
04年1 TBS「3年B組金八先生」(麻田玲子役)レギュラー
05年5月18日 シングル「アタックNo.1 2005」(テレ朝 主題歌)
(高見沢俊彦プロデュース)CDデビュー


(サンケイスポーツ 記事参考)

上原奈美“第2の故郷”沖縄でヘソ出しライブ


ローティーン向けファッション誌モデルで、今年2月に歌手デビューした現役中学生歌手、上原奈美(14)が、au沖縄セルラー電話のCMに出演していることを記念して、同県那覇市でライブを行った。
上原奈美両親が沖縄出身の上原にとって沖縄は“第2の故郷”。
梅雨入りし、ジメジメした暑さの中、トロピカルな水着の上にミニスカ、チビTシャツを着た南国らしいスタイルで登場。
ヘソ出しタンクトップにミニスカートというファッションで登場した上原は、汗を飛び散らせながらデビュー曲「IAM」、新曲「Slow Revolution」、au沖縄CMソング「Yours」の3曲を熱唱、激しいダンスでセクシーに魅了した。
蒸し暑い中のライブとなったが「やっぱり気候がすごく合う、居心地がすごく良くて、お肌も調子いいんです」と愛くるしい笑顔を見せた。

上原奈美






◆ 上原奈美(うえはら なみ)
1991年2月26日、東京都生まれ。
雑誌「Hana*chu→」のトップモデルとして活躍。
2月に歌手デビュー。
フジテレビ系「新堂本兄弟」(日曜・後11:15)レギュラー出演中。



(スポーツ報知 サンケイスポーツ 記事参考)

大竹佑季“百恵伝説”「赤い疑惑」の主題歌カバー


25日にミニアルバム「GREENSLEEVES」(東芝EMI)でデビューする歌手の大竹佑季(17)が、山口百恵の「ありがとう あなた」をカバーする。
CD化は未定だが、女優・石原さとみ主演で30年ぶりにリメークされるTBS系「赤い疑惑」(6月15,22,29日 後9時)の主題歌としてCMや劇中でオンエアされる。
「ありがとう―」はオリジナル版ドラマ(1975年放送)でも主題歌。
曲の途中のセリフや「あとどれくらい 愛されますか」というサビが印象的な曲。
1ヶ月半前に曲を初めて聴いたが、ドラマを見ることでイメージを膨らませたという。
“大竹バージョン”にアレンジされたが、歌詞はそのままで「50回ぐらいセリフの部分を歌いました」。
大竹は現在、偶然にも百恵と同じ高校に在学中で「先生からも『アイツ(百恵)はすごい』って聞いてます。
親も喜んでくれてます」と気合十分。
“天使の歌声”とも評される大型新人が、昭和を代表するアイドルの名曲をどう歌うのか注目。

大竹佑季◆ 大竹 佑季(おおたけ ゆき)
1987年5月21日、宮城 山元町生まれ。
03年の「ホリプロタレントスカウトキャラバン ラブミュージックオーディション」でグランプリを獲得。
昨春に都内に転校、現在高校3年。
6月13~17日に東京 J‐POP CAFE渋谷で無料イベントを行う。

★“赤いシリーズ”来月から放送
TBS50周年とホリプロ創立45周年記念“赤いシリーズ”
「赤い疑惑」(6月15,22,29日 水曜 後9時)
オリジナル版では、山口百恵と三浦友和のコンビが話題になった。
石原さとみ主演は、不運な事故から白血病に冒されたヒロイン 幸子 石原さとみ(18)。
恋に落ち、やがて互いが異母兄妹と知る医学部学生 光夫を演じる藤原竜也(22)。
絶望した幸子を北海道まで送る長距離トラックの運転手役に三浦友和(53)が特別出演。
以後、綾瀬はるか(20)主演の「赤い運命」。
深田恭子(22)主演(企画未定)の計3本が制作される。

(スポーツ報知 サンケイスポーツ 記事参考)

蒼井優の優しさで包まれた物語


今映画にひっぱりだこの女優、蒼井優(19)が6月4日公開の「ニライカナイからの手紙」(熊澤尚人監督)で主人公・風希(ふうき)役を演じている。
「(女優は)寝られないし、プレッシャーもすごい、街も歩けないし、マイナスのことばかりなのに、そんなことが気にならないくらい芝居が好き」と満面の笑みで話す。
ニライカナイからの手紙映画は、幼いときに別れた母(南果歩)からの、年に1通の手紙を沖縄・竹富島で待ち続ける風希の成長と葛藤を描く。
“ニライカナイ“とは「沖縄や奄美で古来信じられてきた海のかなたの楽土・聖地」のこと。
脚本をもらった日、気になって読み始め、少しのつもりが一気に読み上げ、最後には涙を流した。
脚本を読んだだけで涙したのは初めて「この作品の中で生きてみたいなぁ」と感じたという。
撮影では沖縄の方言に苦労した「悩みました、やるからにはちゃんと見てくださる人に違和感を与えたくないです」と、撮影前日の休みの日にも特訓した。
20分カメラを回し続けた“涙を流すシーン”もやりがいを感じたという。
風希役を通じ「やっと周りの人の顔が見られるようになった」。
撮影でいっぱいいっぱいになっていたところ「クランクアップできたのは、周りの人が支えてくれたからこそなんだなぁ」と改めて気づいたとか。
沖縄は高校の卒業旅行で遊びに行ったほど好きな土地。
竹富島は初めてで「10メートルごとにオレンジ色の街灯と、月明かりで真っ暗な中に白い砂の道があるんです」と神秘的なイメージが湧く島は彼女にぴったりか。
作品は、そんな蒼井のやさしさで包まれた物語。
「見ていただければ確実に(思いは)伝わると思います」と話し「立っているだけで説得力のある女優になりたい」と目を輝かせた。

◆ 蒼井優(あおい ゆう)昭和60年8月17日、福岡県生まれ。
蒼井優クラシックバレエ、日舞、タップダンス、ピアノ-などの経験を積む。
平成11年、約1万人の中からミュージカル「アニー」のポリー役でデビュー。
同13年に「リリイ・シュシュのすべて」(岩井俊二監督)で映画初出演。
現在「変身」「星になった少年」などの出演作が控える。
TBS系ドラマ「タイガー&ドラゴン」にも出演。

(夕刊フジ 記事参考)

池脇千鶴、中越典子ら人気漫画映画化


等身大の女性を描いて人気の魚喃(なななん)キリコのコミック「ストロベリーショートケイクス」が映画化される。
池脇千鶴、中越典子、中村優子、そして新人・岩瀬塔子、4人の個性派女優を起用し、女性の日常をベースに、女同士の確執や友情のドラマが繊細なタッチで繰り広げられる。
監督は「三月のライオン」の矢崎仁司。
池脇千鶴「台本を読み、一人ひとりの女の子の気持ちが手に取るように分かり、切なくて痛くて、胸がギュッとなりました。里子は凛としているけれど、かわいい素直さもあり、自分を曲げずに突き進み、こびないところが好き」と池脇。
中村は「もともと魚喃さんの作品が好きでした。秋代は特殊な設定ではありますが、他の3人も含めて実はみんな普通の女性たち。手応えはすごくありますね。まだ完成してないのに、みんなに見ろ見ろと言いふらしてます」。
既にクランクアップし、今夏完成。
公開は来春を予定している。

[写真:池脇千鶴]
(夕刊フジ 記事参考)

香里奈 注目を集めるモデル


最近、テレビや街でよく目につくタレントといえば、香里奈(21)。
「彼女はCMづいています。2月積水ハウス、3月資生堂、4月にはロッテ、ボシュロム・ジャパンと立て続けに4社が始まった。しかも、一流企業ばかり。CMをはじめ駅の構内などでもよくポスターを目にします。見事な脚線美に釘づけの人も多い」(芸能ライター)
このCMラッシュは昨年出演した映画やドラマが好評で、女優としての将来性が買われている。
昨年5月に初主演映画「深呼吸の必要」が封切られ、その後「天国の本屋?恋火」と「海猿」が公開された。
8月には深夜ドラマ「2H」(フジテレビ)、10月に連ドラ「ナースマンがゆく」(日本テレビ)がオンエアされた。
「彼女はクールな雰囲気が持ち味で、実年齢より年上の役と年相応のキャピキャピした役の両方ともできる。『ナースマン――』の新米のドジなナース役は絶品でした」(テレビ雑誌記者)
目下、香里奈は先月23日にクランクインしたホラー映画「輪廻」の撮影中。
「呪怨」の清水崇が監督で来年1月7日に公開される。
香里奈本名は能瀬香里奈
84年2月21日、愛知県名古屋市で生まれ
3歳から17歳までクラシックバレエを習う。
165センチ、B80・W57・H88
私立名古屋女子大学中学校に進学。
安室奈美恵のファンで、厚底ブーツを履いたアムラーファッションで街を歩いた。
5歳上の長女あんなと2歳上の二女えれな、香里奈は能瀬美人3姉妹として有名。
あんなが『JJ』、えれなが『CanCam』のレギュラーモデルだった影響で香里奈も15歳でモデルを始めた。
名古屋女子大学高校1年の時、香里奈は女性誌「Ray」の専属モデルに抜擢された。
01年1月連ドラ「カバチタレ!」(フジ)でドラマデビュー。
5月から名古屋テレビのバラエティー「ナマタノオロチ」に司会者として出演した。
その後はモデルと女優の2本柱で活動することを決意した。
02年1月に「ロング・ラブレター?漂流教室」(フジ)に出演。
同年春にフジの「ビジュアル・クイーン・オブ・ザ・イヤー」に選ばれて知名度がアップした。
水着姿満載のビデオ「infini」をリリース後、日本コカ・コーラ、JCB、NECのCMに起用された。
02年4月から名古屋市内の短大の英語科に進学したが、東京から通学する暇がなく休学を余儀なくされた。

(ゲンダイネット 記事参考)

黒木瞳 妖艶&華麗に25周年ショー


最近の各企業のアンケート調査「かっこいい有名人ママ」「理想の上司」「理想のスタイル」「髪形がおしゃれな人」で1位になった女優の黒木瞳が15日、東京プリンスホテル・パークタワーで、デビュー25周年記念トーク&ダンスショー「Muse more」を開催した。
誕生から宝塚の初舞台までを秘蔵写真とお宝映像で振り返るトークコーナーはコミカルな雰囲気。
黒木瞳
後半のダンスショーは一転、美脚もあらわなセクシー衣装でタップダンスや名曲「キャバレー」のダンスを披露。
あまりの妖艶さと華麗さに、客席の男性陣は口を開けて見とれるばかり。
「いつまでも恋愛をしていたい」そんな黒木の口ぐせも納得の“現役感”あふれるステージ。
30日の広島公演まで全国4都市5公演。

(日刊スポーツ 記事参考)

山田優「F1モデル」の司会に


タレント、山田優が19日スタートのフジテレビ系「F1モデル」の司会を務めることになった。
同局のF1キャスターを3年連続で務め「ジェンソン・バトンと琢磨さんが好き」とBARホンダの両ドライバーの活躍を熱心に伝えてきた。
それだけに「ホンダやトヨタの“ジャパンパワー”を応援したい」と力を込めた。
山田優
山田 優
本名:山田 優子
生年月日 :1984年7月5日 かに座
出身地:沖縄県
血液型 :O型
身長 :169cm
サイズ: B83 W58 H83
F1モデル
番組は、レース中継では伝えられない舞台裏などを紹介。
F1実況6年のキャリアを持つ同局の伊藤利尋アナも司会を担当し、女優、滝沢沙織と女性ファッション誌「CanCam」のモデル、堀内葉子が準レギュラー出演する。
初回は19日深夜2時35分から、基本的には木曜深夜放送だが、第2回は6月2日の深夜2時5分からとなる。

〔写真:左から、滝沢沙織、山田優、堀内葉子〕
(サンケイスポーツ 記事参考)

黒川芽以ホラー映画に「台本が怖かった!」


女優の黒川芽以(18)が主演する映画「怪談新耳袋 劇場版 幽霊マンション」(吉田秋生監督)の製作発表が行われた。
黒川芽以
BS―iで放送された怪談ショートフィルムの映画化第2弾で、8月15日から東京・六本木の俳優座劇場で公開が決定。
黒川は「ホラーは苦手で、台本を読んで本当に怖かった。夜台本を見ると怖いので昼間セリフを覚えます」。
ストーリーはテレビ版のエピソードの中でも屈指の怖さと人気を誇る作品を長編化したもの。
「怖がらせるだけじゃなくて、心の動きもとらえている脚本。演じがいがありますね」と意気込んだ。

(スポーツ報知 記事参考)

恭兵&寺尾「半落ち」コンビで刑事ドラマ


昨年公開のヒット映画「半落ち」の主演コンビ、柴田恭兵と寺尾聡が、テレビ朝日の新刑事ドラマ(タイトル未定 7月スタート 水曜21:00)で共演する。
内勤出身で捜査経験のない53歳の新人刑事仙道晴見(柴田)を主人公に、クセ者刑事に寺尾、エリート刑事課長に石原良純、紅一点の女性刑事に大塚寧々、新米刑事にジャニーズJr.の生田斗真が出演する。
8年間続き昨年終了した「はみだし刑事情熱系」以来の刑事ドラマとなる柴田は「人間像を楽しめるような明るい刑事ドラマになれば」、79年「西部警察」以来26年ぶりの寺尾も「主演の柴田君に力添えできればうれしい」と意気込んでいる。

(日刊スポーツ 記事参考)

杏 ドラマ版「がんばっていきまっしょい」出演


女優の鈴木杏(18)が7月5日スタートのフジテレビ系ドラマ「がんばっていきまっしょい」(火曜後10:00)に主演する。
元気印の杏が、この夏、ボートレースに青春をかける。
すでに杏は、共演の相武紗季、岩佐真悠子らと4月下旬から5日間、小説の舞台であり、ボートの強豪高校が多い愛媛県内の漕艇場で合宿を行った。
主人公の篠村悦子同様、ボートはド素人の杏、合宿では、陸上に設置したエルゴメーターと呼ばれる装置に乗って足と手を動かしボートを漕ぐ練習から始め、実際に水上のボートに乗れるまでになったという。
ボートの指導を行い、ドラマの監修をする同県ボート協会の関係者も「これなら大丈夫!」と太鼓判を押している。
「がんばっていきまっしょい」の原作は「第4回坊ちゃん文学賞」の大賞を受賞した敷村良子さんの小説。
平成10年に女優、田中麗奈のデビュー作として映画化された。
ボートに興味を持つヒロインが高校に入学してボート部を新設し、ド素人ばかりのメンバーで悲願の一勝を果たすまでが描かれ、各映画賞を総ナメにする人気作となった。
今回は小説の2部にあたる「イージーオール」までを含め“スポ根”の側面だけでなく、恋愛や進学など女子高校生の青春をより深く、鮮やかに描き出す。
制作にあたる関西テレビは、最近のスポーツドラマにありがちなCG合成に頼らず、俳優たちの生の頑張りを映し出すという。
これが2年ぶりの連続ドラマで、民放では初の連ドラ主演となる杏は「熱くて若々しくて爽やかな青春ドラマなので、自分もそれを体感しながら、悦子と一緒に歩んで成長できれば」と意気込んでいる。
ドラマは愛媛・松山市、今治市でロケを行い、同県の某海岸に部室と艇庫のセットを建設する。
共演はNEWSの錦戸亮、内博貴ら、杏とのほのかな恋愛も展開し、青春ストーリーを盛り上げる。
ボート部員に佐津川愛美、藤本静、コーチするOB夫婦に石田ゆり子、池内博之をはじめ、市毛良枝、小日向文世、大杉漣ら。
フジテレビ系ドラマ「僕と彼女と彼女の生きる道」の三宅喜重氏が演出するのも注目。
また、現在絶版の原作本が6月10日に幻冬舎から文庫本として発売される。

鈴木杏鈴木杏(すずき あん)
1987年4月27日東京都生まれ、B型。
96年NTV「金田一少年の事件簿」でデビュー。
「青い鳥」「あきまへんで!」(TBS)
「ポンキッキーズ」(フジ)などを経て
「六番目の小夜子(NHK)」で初の主役を張る。
「ポカリスエット」「リセ」などCMでも活躍。
「Moon Child」「青の炎」映画出演。
舞台「奇跡の人」「ハムレット」。

(サンケイスポーツ 記事参考)

演技力「成海璃子」内容で勝負「瑠璃の島」に期待


この春の新ドラマの中で、フジの月9「エンジン」だけが初回視聴率が20%を超えた。
確かにキムタク強しだが、数字だけで見れば「エンジン」に、遠く及ばない初回16%の視聴率でスタートした日テレ「瑠璃の島」。
しかし、内容は見ごたえのあるドラマに仕上がっていた。
成海璃子舞台は人口49人の超過疎の島、生徒がいなくなって廃校寸前の小学校に東京から転校生(成海璃子)がやって来る。
里親夫婦(緒形拳・倍賞美津子)、校長(岸部一徳)、教師(小西真奈美)らに囲まれての生活を始める璃子ちゃんの存在感に注目したい。
実際は12歳だが、芸達者たちの中でも臆することがない演技力には期待が出来る。
謎の男を演じる竹野内豊も登場人物の一人にすぎない、単なる恋愛ドラマにはない「社会性」もある程度は期待できそう。

(ゲンダイネット 記事参考)

藤本綾、アイドルから濡れ場女優で復活


藤本綾(22)、天国から地獄に一気に突き落とされたアイドル。
藤本綾
大手芸能プロ「ホリプロ」のタレントスカウトキャラバンで、見事グランプリに選ばれたのが5年前。
アイドルとしては珍しい87センチFカップの巨乳を最大の武器にして、同プロが大々的に売り出そうとした。
その矢先の02年に月刊誌にとんでもない“ニャンニャン写真”が掲載され、これでタレント生命は終わってしまったと思われた。
その藤本がホリプロを辞めたという情報が出てさまざまな憶測が流れた。
そんな藤本の復活劇、映画「メノット」出演が明らかになった。
夏休みを別荘で過ごす美人姉妹が指名手配中の殺人犯の標的にされる物語で、藤本はきわどいベッドシーンを演じている。
美人姉妹を演じるのは藤本と清純派女優の国分佐智子(28)、この組み合わせも驚きだが、とにかく藤本のハードな演技が評判になっている。
目隠しされて後ろからFカップの乳房をもみしだかれたり、男と舌を絡ませながら激しく腰を振ってイッてしまったり、まさに体当たりで濡れ場を演じている。
スキャンダルをハネのけ、再び浮上するにはこれしかないともいえるが、アイドルはキッパリ諦めて、本格派の女優を目指すということにエールを送りたい。
公開はテアトル新宿で7月の予定。

(ゲンダイネット 記事参考)

長澤まさみ“キスシーン初体験”唇にタッチ


女優の長澤まさみ(17)主演の、あだち充氏の人気漫画を実写化した映画「タッチ」(監督 犬童一心 今秋公開)が6日、東京・砧の東宝スタジオでクランクアップした。
浅倉南役の長澤はこの日、練習で培った投球フォームを披露し「始球式の準備はバッチリです」とプロ野球の始球式登板にも乗り気。
長澤まさみ今作では“初”のキスシーンにも挑戦「緊張して手から汗が出た」とドキドキの撮影を振り返った。
人気漫画の映画化だが「原作は意識せずに、あまり考えずにやりました。女の子にイヤミに思われないよう、かわいくてさっぱりした南ちゃんを意識した」と話し「グレープフルーツを半分に切ったときの断面です。フレッシュに!」と独特の表現で続けた。
さわやかな笑顔は南ちゃんそっくり、誰もが納得するハマリ役だが「ボーッとしているし、南ちゃんとは全然似てないですよ。優等生じゃないってことは分かってるんです」と自己分析。
達也と和也、双子の兄弟に思いを寄せられる役柄で、どちらのタイプにひかれる? という問いには「タッちゃん」と即答。
「完ぺきじゃない人のほうがいいじゃないですか。かわいそうな人は放っておけない。母性本能がくすぐられる」。
実際に野球部のマネジャーもやってみたくなったという。
撮影の合間にはキャッチボールで共演者とコミュニケーション。
初めは届かなかったというマウンドから本塁間の投球も日に日に上達し、届くようになった。
「制球がいいと褒められました。これで始球式の準備はバッチリです。甲子園にも行ってみたい」と笑顔。
父・和明さんは、サッカーの元日本代表MF、J1ジュビロ磐田の前身ヤマハ発動機で監督だったこともある。
長澤自身もバスケットボールの経験があり、親譲りの運動神経を発揮した。
同映画では初のキスシーン、実際に唇を合わせ「すごく緊張した。手に汗をいっぱいかきました。(相手役の)祥太くんは『全然緊張してないよ』って言ってたけど、すごく緊張してんじゃんと思った」と振り返った。
「南ちゃんっぽく演技ができ、達成感でいっぱい。セカチューのときと比べて、よりいい演技ができたと実感してます」とまだまだ成長中の17歳は充実感を漂わせていた。

(スポーツ報知 記事参考)

相武紗季、心に届く恋愛物語


CMやグラビアで人気の相武紗季(19)が、7日公開のオムニバス映画「メールで届いた物語(ストーリー)」の第1話「mail」(清水浩監督)で、恋人の死を知らぬまま病室から手紙を送り続ける少女・理沙を好演している。
「単に悲しい恋愛ものでなく、日常の流れをそのまま手紙でやりとりする、さわやかで切ない物語です。口がきけない設定でせりふもありませんでした。気持ちだけですべてを伝える演技は、せりふにとらわれないという部分で逆にリラックスしてできました」
撮影現場の優しさや楽しさが、そのまま映像に表れているという。
「相手役の加瀬亮さんと一緒に行く海のシーンも、私が撮影で理沙をやっていたときに見た青空と海の風景が、本当にそのまま映画になっているというか、とにかく偽物がないんですよ。今もこの映画を見るたびに、私は理沙になっていたときの風景や気持ちを思いだすことができますね」
ここでいうメールはeメールではなく、本来の手紙の意味、今の流行に妙に逆らっている!?
「そのひねくれ方がすごくいい雰囲気でまとまっていますよね(笑)私以外の物語でも、例えば架空請求とか今の問題が入っていたりしますし、日常にありそうなお話をそれぞれ無理なく独特の映像で描いた、とても見やすい作品。仕事帰りとか気分転換したいときとかフラッと映画館に立ち寄っていただければ…」
東京・テアトル池袋公開後、順次各地で。

相武紗季

相武紗季(あいぶさき)O型
1985年6月20日生、兵庫県宝塚市出身
身長164.5cm、B83・W60・H85
出演CM
花王「ビオレさらさらパウダシート」
ダスキン「ミスタードーナツ」
グリコ「ジャイアントコーン」他

(夕刊フジ 記事参考)

多岐川華子が母 多岐川裕美初共演


女優、多岐川裕美の長女で女優、多岐川華子(16)が5日、東京・文京区の青山フラワーマーケットで1日店長を務めた。
多岐川華子トークショーには裕美もかけつけ、母娘初共演が実現した。
華子は、ロッテ「ガーナミルクチョコレート」のテレビCMでデビューし、本格的に芸能活動をスタート。
この日は母の日を前にし「何時も迷惑かけちゃうことも多いですけど、これからもよろしくお願いします」と自ら作った花束を笑顔でプレゼント。
裕美は「何か信じられない~」と感激していた。
さらに報道陣がロッテのキャッチフレーズ“お口の恋人”にちなんで「恋人は?」との質問が…。
華子が「うちの高校は(恋愛は)しちゃいけないので」とサラリとかわすと裕美も「お友達はいっぱい居るんですけどね」とフォロー。
息の合ったところを見せていた。

(サンケイスポーツ 記事参考)

高岡早紀、大胆なセックスシーンで再出発


昨年6月に俳優保坂尚輝と離婚、女優高岡早紀(32)が封印していたベッドシーンを“解禁”した。
新作映画「female」で心機一転、大胆なシーンに挑戦している。
高岡早紀高岡は「離婚をプラスにして、女優の仕事に意欲的に取り組みたい」と心境を明かした。
高岡がグラマラスな肢体を、スクリーンで久しぶりに披露する。
オムニバス映画「female」の「夜の舌先」(松尾スズキ監督 14日公開)にOL役で主演、大胆なセックスシーンに挑戦した。
94年「忠臣蔵外伝四谷怪談」でヌードとなり話題を呼んだが、2児の母になってからは体当たりの演技は控えてきた。
今回は11年ぶりの“大胆シーン”となる、長かった髪を肩までばっさり切って撮影に臨んだ。

(日刊スポーツ 記事参考)

«  | HOME |  »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。