2005-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蒼井優の優しさで包まれた物語


今映画にひっぱりだこの女優、蒼井優(19)が6月4日公開の「ニライカナイからの手紙」(熊澤尚人監督)で主人公・風希(ふうき)役を演じている。
「(女優は)寝られないし、プレッシャーもすごい、街も歩けないし、マイナスのことばかりなのに、そんなことが気にならないくらい芝居が好き」と満面の笑みで話す。
ニライカナイからの手紙映画は、幼いときに別れた母(南果歩)からの、年に1通の手紙を沖縄・竹富島で待ち続ける風希の成長と葛藤を描く。
“ニライカナイ“とは「沖縄や奄美で古来信じられてきた海のかなたの楽土・聖地」のこと。
脚本をもらった日、気になって読み始め、少しのつもりが一気に読み上げ、最後には涙を流した。
脚本を読んだだけで涙したのは初めて「この作品の中で生きてみたいなぁ」と感じたという。
撮影では沖縄の方言に苦労した「悩みました、やるからにはちゃんと見てくださる人に違和感を与えたくないです」と、撮影前日の休みの日にも特訓した。
20分カメラを回し続けた“涙を流すシーン”もやりがいを感じたという。
風希役を通じ「やっと周りの人の顔が見られるようになった」。
撮影でいっぱいいっぱいになっていたところ「クランクアップできたのは、周りの人が支えてくれたからこそなんだなぁ」と改めて気づいたとか。
沖縄は高校の卒業旅行で遊びに行ったほど好きな土地。
竹富島は初めてで「10メートルごとにオレンジ色の街灯と、月明かりで真っ暗な中に白い砂の道があるんです」と神秘的なイメージが湧く島は彼女にぴったりか。
作品は、そんな蒼井のやさしさで包まれた物語。
「見ていただければ確実に(思いは)伝わると思います」と話し「立っているだけで説得力のある女優になりたい」と目を輝かせた。

◆ 蒼井優(あおい ゆう)昭和60年8月17日、福岡県生まれ。
蒼井優クラシックバレエ、日舞、タップダンス、ピアノ-などの経験を積む。
平成11年、約1万人の中からミュージカル「アニー」のポリー役でデビュー。
同13年に「リリイ・シュシュのすべて」(岩井俊二監督)で映画初出演。
現在「変身」「星になった少年」などの出演作が控える。
TBS系ドラマ「タイガー&ドラゴン」にも出演。

(夕刊フジ 記事参考)
スポンサーサイト

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

APPENDIX

フジネット芸能

フジネット芸能

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。