2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の高校生歌姫 SATOMI 全英デビュー


無名の高校生アーティストが英国デビューを果たした。
アーティストの名前はSATOMI、現在山口県の高校2年生で、まだ日本デビューもしていないが、ロンドンの名門ジャズクラブで行われた初ライブには、現地のメディアが大勢集まった。

SATOMI 全英デビューSATOMIを音楽業界関係者にお披露目するショーケースライブが行われたのは、ロンドンの名門ジャズクラブ「ロニー・スコッツ」。
マイルス・デイビス、ナット・キング・コールらジャズメンをはじめ、エリック・クラプトンやジミ・ヘンドリックスも演奏した伝説のステージ。
そんな巨星たちの写真がズラリと並ぶ中、遠く海を渡ってきた16歳の少女は臆することなく、会場をゆっくりと見渡しながら舞台へ上がった。
「品定め」する厳しい視線をも楽しむように伸び伸びと歌う度胸。
身を乗り出してきた客席は、バラード曲「Love to Stay」での情感あふれる歌声に感嘆。
割れんばかりの拍手が鳴った。
英語詞4曲に日本語詞1曲、最初の「Oh!」など2曲は昨年の英No.1ヒット歌手ジャメリアらのプロデューサー、C‐SWINGが制作。
ほかにも人気グループ「インコグニート」のブルーイが参加するなど強力な製作陣。
「クリエイション」ではヒップホップ、R&Bの新レーベル「HIPTONES」の第1弾アーティストとして6月20日にアナログ盤を先行発売、9月にシングルCDでデビューさせる。
日本での音楽活動がない新人がいきなり海外からデビューするのは極めて異例。
昨年末に送られてきた1本のデモテープで獲得に乗り出したスティーブン・キング副社長は「素晴らしいライブ、飛躍的に成長している。英国はもちろん、欧州でも成功できるだろう、日本の歌手は声が弱いという印象があった中、SATOMIの声は世界で通用する。このインパクトは重要だ」と絶賛。
福岡・小倉の高校に通いながらの全英デビューに、本人は「今は歌うことが楽しくてしょうがない、声の音域もどんどん広げて、日本でも海外でも成功できる歌手になりたい」と夢は広がるばかり。

◆ SATOMI
本名 三隅理美(みすみ さとみ)
1989年3月7日、山口県生まれ
高校2年生(16歳)
3歳からダンスミュージックを聴き、ダンサーになることを夢見ていた。
今年1月、仏カンヌで開催されたMIDEM(国際音楽見本市)で初めて人前で歌い、脚光を浴びた。

SATOMIC‐SWINGは初ライブに「来ていた人すべてをひきつけていた。レコーディングの時よりライブの方がいいね、アドバイス?いまある才能を伸ばしていく、それだけでいい、まだ16歳だからね、驚くよ、必ず成功する」とキッパリ。
インコグニートのブルーイも「将来を約束されている子だ」と言い切り「現段階ではバンドとの呼吸とか課題はある。ボーカルをもっと輝かせるアイデアをスティーブンに提案する」と、まだ粗削りな“原石”に目を細めていた。
訪れた地元の音楽記者たちも、その歌唱力に驚いた。
R&BのNo.1専門誌「タッチ」ではインタビューを中心にした特集記事に加え「デビュー後もずっと追い続けて行く」と明言。
同じく専門誌「アンダーカバー」のイワン・アダムス記者も「とても素晴らしかった。日本語で歌うのかなと思っていたからビックリしたよ」。
いま英国ではちょっとした日本ブームで、特にロンドンは寿司など日本食レストランが大流行。
アニメなどで日本文化を知ることも多い。
そんな中「クリエイション」が日本人歌手をデビューさせるというニュースは話題になるという。
日本での本格的なデビューは今年末を予定しているが、6月から「Love to Stay」がWeb、携帯電話での配信が始まる(KYODO NEWS)。


《スポーツニッポン 参考》
スポンサーサイト

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

APPENDIX

フジネット芸能

フジネット芸能

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。