2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BoAに続く韓国女性アーティスト、ユンナ


ユンナ「ほうき星」がオリコンデイリーシングルチャートで18位に初登場してきた。
韓国のNew Face ユンナ韓国・ソウルで1988年に生まれたユンナは、昨年9月にフジテレビ月9ドラマ「東京湾景」の挿入歌『ゆびきり』で日本デビューを果たし、2ndシングルとなる本作はテレビ東京系アニメ『BLEACH』のエンディング曲に起用されている。
今回の好スタートから、韓国の女性アーティストとしてはBoAに続いて、週間シングルチャート初チャートインでTOP20入りという記録が期待できそう。
となりの国から彗星のようにやってきたユンナは、あどけなさが残る中にも芯の強い、存在感を持つ17歳の女の子。
ソリッドでタイトなサウンドをバックに、ユンナがピアノをガンガン弾きながら歌うキュートでパンチのある楽曲で、透明感溢れる歌声も魅力的!

ユンナ New Single「ほうき星」New Single「ほうき星」は、テレビ東京アニメ「BLEACH」エンディングテーマ。
「あした、天気になれ」は、MBS/TBS「世界ウルルン滞在記」エンディングテーマ。
「思い出にできない」は、映画「天使が降りた日」挿入歌と、収録曲3曲がタイアップ曲。
また歌だけに留まらず、映画「天使が降りた日」では、15分のショートムービー×5本のオムニバス映画の1つにユンナが主役で出演。
日本語で演技しタレントとしての才能も発揮している。
凛としたアイデンティティと共に、日本と韓国の両方の空気や風景を自由に行き来する。
ピアノやダンスから繰り出されるダイナミックな音楽センスも大きな魅力、今後が楽しみな注目のNew Face!
1988年4月29日生まれ、O型


《作品資料 参考》
スポンサーサイト

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

APPENDIX

フジネット芸能

フジネット芸能

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。