2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デビュー15年活動休止“BEGIN”今後は個人活動専念


デビュー15周年、3人組バンド「BEGIN」がライブ活動を休止することになった。
所属レコード会社などによると、個人のレベルを高めていこうと充電期間をもうけることを決意。
BEGIN「うたの日コンサート」ボーカルの比嘉栄昇(36)は曲作りのスタイルを見つめなおす時間を作るため。
ギターの島袋優(36)は楽曲提供やプロデュース業に専念。
キーボードの上地等(37)はソロライブを行うなど、三者三様の活動を行うためで、彼らにとって今年のラストライブとなる。
25日に沖縄県宜野湾市の海浜公園屋外劇場で行った恒例の「うたの日コンサート」を“最後”に、3人によるステージをしばらく休止することになった。

南の島に、癒しの歌声が響きわたった。
BEGIN「うたの日コンサート」BEGINが奏でる音色と、ハワイアンという“島唄”をムードたっぷりに歌うレイシェルの夢競演が沖縄で実現した。
「うたの日コンサート」は、太平洋戦争の沖縄地上戦が終わった6月23日前後に開催、今年で5回目。戦争中は歌い踊ることが禁止されており「うたが開放されたことの喜びを祝おう」とBEGINが呼びかけてきた。
今年のテーマは「島唄の交換会」、まずBEGINが「憧れのハワイ航路」など3曲を熱唱。
ボーカルの比嘉栄昇は「戦後60年ということは、うたの日も60周年、今日は皆で楽しみ、祝いましょう」とあいさつ。
沖縄はまだ梅雨明けしておらず、開始直前に豪雨が襲ったが、「ハワイで雨は歓迎の意味」というマウイ島生まれのレイシェルはご機嫌。
BEGIN「うたの日コンサート」フラダンサーが登場するなど8曲を歌い、ステージをハワイ色に染めた。
昨年、「涙そうそう」をカバーし、ハワイ最大級の音楽祭「ナ・ホク・アワード」のソング・オブ・ザ・イヤーを獲得した「カ・ノホナ・ピリ・カイ」を熱唱すると、会場は大歓声に包まれた。
その後、BEGINが再登場し「島人ぬ宝」「恋しくて」など14曲を熱唱。
約3500人の観客は日米アーティストの島唄競演のなか、好きなように歌い、踊り、楽しみ、最後まで大きな拍手を続けていた。
アンコールではレイシェルらと「涙そうそう」を披露、会場は総立ちで大合唱となった。
7月6日に15周年記念ライブDVDボックス「Wonderful Tonight」を発売する。


《各スポーツ紙 参考》
スポンサーサイト

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

APPENDIX

フジネット芸能

フジネット芸能

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。