2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小西真奈美「天使の卵」ヒロインで映画化


直木賞作家・村山由佳さん(40)のデビュー作「天使の卵 エンジェルス・エッグ」(集英社文庫)が映画化され、市原隼人(17)が主演、小西真奈美(26)がヒロインを務めることが29日、分かった。
村山由佳8歳年上の美しい精神科医・春妃(はるひ)に一目ぼれした予備校生・19歳の歩太(あゆた)の激しくひたむきな恋の行方を描く。
原作は94年に出版され、小説すばる新人賞を獲得。
みずみずしい感性で描かれた“純愛小説のバイブル”として、20~30代の女性を魅了し続け、80万部を突破するベストセラーになっている。
04年に発表された続編「天使の梯子」も話題になった。

市原隼人自分を受け入れようとしない年上の女性をまっすぐに愛し続ける主人公には、市原が起用された。
主演した01年映画「リリィ・シュシュのすべて」(岩井俊二監督)で、透明感ある若手俳優として一躍注目され、その後もドラマ、映画で活躍を続けている。
今回の出演について「どんな作品になるか大変楽しみにしています。全力で頑張りたい」とコメントしている。

小西真奈美ヒロインの小西は「見終わった後に大切な人に会いたくなるような作品にしたい」。
デビュー以来、つかこうへい氏や野田秀樹氏の舞台で活躍し、02年「阿弥陀堂だより」では映画各新人賞を獲得した実力派。
製作関係者も「清そで美しく、原作の持つイメージにぴったり」と期待する。

映画化にあたる電通キャスティング・アンド・エンタテインメントの清水敬太郎氏は「原作の持つ透明感を大切にして、ファンの期待を裏切らないように映像化したい」と抱負を語った。
監督には、98年オムニバス映画「かわいいひと」監督デビュー、01年には、長編劇映画第一作「非・バランス」を発表し、第23回ヨコハマ映画祭・新人監督賞を獲得。
02年に香港映画『星願』をリメイクした竹内結子出演「星に願いを。」、最新作には今春に公開された初の実写映画化された「鉄人28号」などの作品がある冨樫森監督。
公開は、来年の予定。
〔写真:右上 村山由佳、左 市原隼人、右下 小西真奈美〕


《日刊スポーツ他 参考》
スポンサーサイト

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

APPENDIX

フジネット芸能

フジネット芸能

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。